活動計画

  • HOME »
  • 活動計画

平成28年度活動計画

大目標

「看護の代表」を国政に必ず送る

1.第24回参議院選挙に看護職議員を当選させる
2.確実な政策実現力を持つ
3.強力な集票力を持つ
4.若手リーダーを育成する
政治力の強化 / 確かな政策実現力を持つ
目標
活動
1.看護職国会議員を当選させる1)全会員は「両手に2人」を連れて必ず投票に行く(目標による管理)
 ・役員、支部長、施設連絡員、会員が一体となった選挙活動の実施
 ・施設連絡員、病棟連絡員は、期日前投票の推進等、会員の投票行動を支援
2)第24回参議院選挙候補者の知名度を高める活動をする
 ・決起大会、各種会合、集会等を通して候補者を紹介
3)都内在住者の一万票につながる確実な後援会名簿を集める
 (1)支部毎に状況を分析し対策を検討
 (2)支部/施設/病棟単位で目標管理
 (3)候補者の政策と活動実績報告等候補者になり代わって説明をする
   ①リーフレットを生かした候補者の紹介 ②グッズの活用
   ③インターネット、メルマガ等の活用
4)関連団体との連携を強める
 ・職域活動等関連団体に応援を依頼
5)第24回参議院選挙の推進
6)第24回参議院選挙結果の総括
 ・各地区、支部、施設単位で調査結果等により選挙結果の総括をする
 ・総括結果を次期の看護連盟活動の方針や選挙対策に反映する
7)次期衆議院選挙、都議、市議、区議の選挙に向けた体制を整備する
2.看護政策に関する議論を活発に行える環境をつくる1)会員に看護政策に関する情報提供を効果的に行う
 ・機関紙「アンフィニ」、「東京れんめい」、ホームページの更新、SNSの活用等
2)看護政策に関連する「現場の声」をまとめ、国会議員、地方議員に伝える
 ・施設訪問や研修会を通して「現場の声」を直接聞く
3)看護職議員および看護を支援する各級議員との連携を深める
 (1)看護職議員との話し合いを行う
 (2)看護職議員および各級議員が主催する報告会、政経セミナー、勉強会へ参加する
 (3)各級議員の選挙応援を行う
3.東京都看護協会と共に陳情/要望活動を行う1)東京都議会支持政党への要望活動・懇談、看護問題対策議員等との連携を強める
2)東京都看護協会との連携を深め、要望書に「現場の声」を反映する
 ・「地域医療介護総合確保基金」に関する予算要望等
組織の強化・拡大 / 強力な集票力を持つ
目標活動
1.組織の活性化1)東京都看護連盟と支部組織の連携を強化し、連盟の目標を達成する
  (1)支部毎に支部リーダー(地区理事、幹事長、支部長、連絡員)と東京都連盟役員が意見交換を行い状況を分析し、課題と対策を検討し目標を達成する
  (2)支部毎の票獲得に向けた目標管理を行う
2.会員を増やす1)7,000人以上の会員確保をめざす(地区、支部での目標管理)
2)看護管理者・看護教育者への「看護と政治の重要性」に関する意識強化を図る
 ・研修や施設訪問を通して現実の課題と看護政策実現の重要性を理解してもらう
3)新規採用者への教育:新人研修 国会見学等
 ・新採用者院内研修用会員ハンドブックの送付
 ・施設管理者へ協力依頼
 ・要請に応え、院内研修や地区研修へ役員を派遣
4)効果的・計画的な施設訪問と訪問後のフォロー体制を確立する
3.看護連盟の理解者を増やす
4.賛助会員の獲得
1)他団体との連携を密にする
 (1)東京都看護協会、自由民主党東京都連、都連女性局、各種女性団体連合会、東京都助産師会、東京都訪問看護ステーション協議会等との連携を図る
  ・機関紙(アンフィニ、東京れんめい)等を関係団体に送付する
2)OB会及び地域住民との連携強化・まちかどの保健室の活性化をはかる
組織の強化・拡大 / 自律した会員を育てる
目標活動
1.継続的な研修により連盟活動への理解を深め、自律した会員を育成
2.若手リーダーの育成
1)若手会員が、政治・政策・選挙について理解を深め自律的に行動出来るように支援をする
  (1)青年部の活動・ポリナビへの参加、ミニポリの企画、実行、評価等への支援
  (2)若手会員の政経塾や各級議員の報告会への参加等政治活動への支援
  (3)各級議員の積極的な選挙活動への参加を支援
  (4)新人研修の運営、講演に青年部メンバーを積極的に活用する
2)青年部と協力し学生会員を獲得する
 ・青年部とともに学生が政治・政策・選挙等を理解できるように支援をする
 ・ミニポリナビ等で学生参加者を学生会員獲得につなげる
3)基礎研修の実施(都道府県主催:本部研修、支部・施設・病棟単位で実施)
4)続・基礎研修の実施
 ・基礎研修修了者対象に支部主催:同僚にプレゼンテーションができることを目標
5)リーダー研修の実施(都道府県主催:目標管理の実際)
6)新人支部長研修の実施
7)看護部長ワークショップの開催 (都道府県主催)
8)看護部長・看護教育者看護政策セミナーへの参加(関東甲信越ブロックで主催)
9)教育委員会主催研修、若手会員研修・一般会員研修・OB懇談会の実施
活発な情報流通
目標活動
1.会員・非会員、および都民に対する広報活動を推進する1)看護政策に関する情報を迅速に伝える
2)看護職議員の活動を周知する
 ・議員のホームページにリンク、メルマガの活用等
 ・機関紙「東京れんめい」の発行、ホームページの運営等
組織の適正な運営管理
目標活動
1.施設・支部・都連盟・連盟本部・看護協会との一貫した組織活動を推進する1)定例の運営会議等を通して本部・東京都連盟・地区・支部の連携を強化する
  (1)運営に関する会議
    ①通常総会:年1回6月
    ②四役会 年10回以上(第2木曜日) :会長、副会長、幹事長、監事
    ③役員会 年10回以上(第2木曜日) :四役会メンバー、幹事、地区理事
    ④支部長会 月1回以上(第3金曜日)
    ⑤地区会議 2ケ月に1回:担当役員、支部長、支部幹事長、施設連絡員
2)委員会活動の推進
  (1)委員会:①広報委員会 ②教育委員会 ③青年部委員会 ④ひまわり会(OB会)
3)東京都看護協会との連携を強化する
 ・看護協会役員と定期的な会合を持ち、交流を深める
2.適正な事務局運営1)会員登録の適正管理 ・基礎研修、続基礎研修修了者入力
2)後援会名簿の適正管理
3)財政の適正管理
4)職員の適正管理
5)日本看護連盟、東京都看護連盟の諸規約を遵守
6)事務所内会議開催
会員の福祉
目標活動
1.慶弔への対応
2.各地の激甚災害への対応
1)災害見舞、物故者への弔慰、その他規約に基づき対応する
2)被災地の復興支援を継続する
 ・義援金等を募り支援
3.諸問題への対応1)必要時本部と連携し、政党弁護団等と相談の上、速やかに問題を解決する
2)団体傷害保険に加入する




PAGETOP
Copyright © 東京都看護連盟 All Rights Reserved.